WiMAXの機器追加オプションについて

WiMAX(ワイマックス)の機器追加オプションとは、
Wi-Fi(a、b、g、n)といった無線LAN規格ではなく
WiMAX受信専用の搭載機器を装備している
パソコンなどの機器と直接WiMAX回線につなげるオプションのことです。

専門用語を使えば、『WAN』と『LAN』の違いです。

WiMAXはエリアによっての電波の弱さ等、多少問題視されてる点もありますが、
それでも機器の入手性、もしくは契約等の点では、
他のサービスに比べ圧倒的に手軽とされています。

そしてこのような機器も、ウエブ量販店、通販等、様々な媒体で入手出来、
クレジットで手続きをすれば購入後すぐに機器を使用を開始する事も可能です。
そんなWiMAXで1つの契約での機器を利用出来る「WiMAX機器追加オプション」サービスが始まっています。

機器追加オプションを詳しく言うと、様々なWiMAX搭載機器(WiMAXPC、WiMAXSpeedWi-Fi等)を,
時と場合によって使い分けが出来るサービスの事を指します。

例えば自宅ではWiMAXPCでWiMAXに接続しながら、外にWiMAXSpeedWi-Fiを持ち出して使う時等に有効的です。

WiMAX機器追加登録を行えば、1つの契約でどのWiMAX搭載機器からでもWiMAXが利用出来るようになっています。
因みに同時にインターネットの接続をする事は出来ず、UQ FlatプラスとUQ 1 Dayを
既に契約されてる方は申し込みが出来なくなっています。

このようなキャンペーンは様々なオンラインネットや大手量販店で行われていますが、
お店によってサービスの内容や月額のシステムや受けられるサービスなどが若干異なって来ますので、
使用する上でどのようなポイントを重視して行くかが大切です。

例えば機器追加オプションを取り入れるメリットは機器変更したい際にかなり低価格で交換が出来る等。
しかし、機器追加オプションがないMVNOは機器毎に契約しなくてはなりません。
この為、契約する毎に契約料が発生してしまい、機器故障の時の費用が異なって来るのです。
お手軽に契約出来る分、サービス内容はしっかり確認しておくことが重要ですね。

既に各社からWiMAX内蔵PCが各社からリリースされている今。
これらのような複数の機器を手軽に利用出来るのは、WiMAXならではの特徴とも言えるでしょう。
そして、この契約の手軽さから機器の流通が自由に幅広くなる可能性も高いと言われています。

デメリットがあるとすれば機器追加オプションでは同時利用ができないことです。

以上のデメリットを考慮した上で加入すれば強い味方になってくれるでしょう。
各社の状況を比較表で紹介させて頂きます。

 

機器追加オプションの比較表

WiMAX機器
追加オプション
1契約あたりの
最大登録台数
機器追加料
(1台追加につき)
初期費用
UQ 3台 200円/月 無料 ※1
BIGLOBE × 1台
@nifty × 1台
Toppa! × 1台
DIS 3台 200円/月 無料 ※1
DTI × 1台
とくとくBB × 1台
So-net × 1台

 

※1 WiMAX統合ポータルから登録した場合です。

※2 年額ユーザー契約の方は、契約期間中の機器追加は12回まで 月額利用料、追加手数料が無料

  1. MVNO縛り
  2. ホットスポット(公衆無線LAN)
  3. メールアドレス
  4. 機器追加オプション

 

ページ上に戻る

最新のMVNOのキャンペーンを比較して
お得なWiMAXで契約をしよう!

キャンペーン比較