他社からWiMAXへの乗り換えの方へ

現在、日本では、殆どの過程でインターネットが使用されています。回線の末端は、ADSLや光等さまざまな媒体がありますが、最近巷で急速に広がり続けているWiMAX。これに興味を示し切り替えを考えてる人も多いと言います。

そう言ったユーザーの疑問として、”現在使ってる会社の回線からWiMAXへ切り替える事が出来るのか。”もしくは”切り替えるにはどうすればいいか”と言った疑問があるようなのですが、先ず、切り替える事は勿論可能です。手順的には、それぞれの会社によって多少異なるかも知れませんが、切り替えをしたい会社のウエブ等を見れば大概は説明されていますし、それでも不明な場合はメールで問い合せをしたり電話で直接カスタマーサポートに質問する事で、問題無く行う事が出来るでしょう。

大概は、現在受けているサービスを解約し、それで新たに契約を結びたい会社のサービスを選択し、申し込む事によって乗換えが完了されます。

このように、”乗換え”事態をするには難しく無いのですが、幾つかやる前に確認しておきたい事があります。例えば「現在の契約で、年縛りは無いか」等です。

大概の固定回線の契約は、契約をスタートする際に何らかのサービスを受けているパターンが多いです。例えば、”機器が安くなる代わりに契約は1年もしくは2年等”です。むしろこのようなサービスを受けている方が大半でしょう。

1年もしくは2年以上固定回線を使用し、契約期間を満たしていれば解約をする事は問題無いものの、このような契約期間を満たしていないと、解約をするにあたり、契約解除料、または違約金が発生してしまいます。この契約解除料や解除金は、サービス提携会社によって多少異なって来るものの、割と高額なケースが多いので注意した方が良いでしょう。

それと、今WiMAXが本当に必要かどうか、乗換え前に考え直してみるのも大事でしょう。エリア圏内の問題も含め、頻繁に移動先で使わない家族体型の過程であれば固定回線のままの方が便利と言う点もあります。

 

Wifi、3G、WiMAXについて、それぞれの特徴

昨今、情報通信規格は様々な媒体が登場して来ています。ネット通信がビジネス、プライベートともども必要不可欠となってきた今だからこそ、これらの主な用途は基本的にでも理解しておきたいものです。

ここでは、その中でも特に重要な、Wi-Fi、3G、WiMAXとの違いについて取り上げてみたいと思います。

まず誰もが一度が耳にした事のあるWi-Fiですが、これは、無線LAN機器を標準規格としている、IEEE 802.11シリーズにあることが示されているブランド名のことなのです。

これだけでは難しいかも知れませんが、ざっくり言ってしまえば、「無線LANでインターネット接続をこと」です。ここから、大まかに認識して行きましょう。尚、量販店等でパソコンやタブレット端末に「Wi-Fi対応モデル」と表記がされていたら、これは「無線LANでインターネット接続可能」と言う意味があるのです。

次に、「3G」ですが、これは「3rd Generation」の略系で、携帯電話における情報通信規格の事を指します。第3世代、第3.5世代、第3.9世代等と区分けされていて、

・第3世代…「W-CDMA(ドコモ)」、「CDMA2000(KDDI)」
・第3.5世代…「HSPA」「CDMA2000 1x EV-DO」
・第3.9世代…「LTE」「WiMAX」

等が挙げられます。

最後に「WiMAX」。
こちらもモバイルブロードバンド通信の方式で、次世代におけるワイヤレスのブロードバンドと言われています。 IEEEによって定められたIEEE 802.16a、またはIEEE 802.16dの両規格より統合された「IEEE 802.16-2004規格」の事を言い、いわゆる無線通信技術の規格です。 IEEE 802.11*等の「無線LAN」とは異なります。

既に取り入れてる方は多いもののこれからも無線での通信規格は、更に凄いスピードで民間、または企業に取り入れられて行くと見られています。そう言った中でも、各々の通信規格の特色を知っておくことで、ビジネスやプライベートにも今までとは違ったパフォーマンスを発揮出来るかも知れません。

 

何が違う?WiMAXとLTE

今後、LTEやWiMAX等のデータ通信を購入しようとお考えの場合、以下の意見をご参照頂けたらと思います。LTEとWiMAXそれぞれの特性を考えた上で、導入を検討したいものです。

そもそもこれらのWi-Fi通信ですが、一番気になるポイントは何と言っても速度だと思います。では、その速度ですが最高でどの位の速度になるのかは知っておきたいものなのですが、やはり比較してみるとWiMAXのスピードは、最大75MbpsとうたわれているLTEを差し置いて、一番安定していると言われています。

そもそもWiMAXの基地局は現在20000局と言われていて、それは今も増え続けている傾向にあり、全国の主要都市では99%以上既に需要があると言われています。WiMAXのスピードが安定している理由は、このような基地局の多さからです。

速度制限の面でも気になります。Wi-Fiの末端を折角購入したと言うのに速度がほとんど出なければ 切ないもので、このような制限が掛かってしまうことで存分にネットをする事が出来ません。制限が掛かってしまうと通信は遅くなってしまいますからね。

ではWiMAXとLTEの通信制限を比較したいと思いますが、 基本的にLTEの場合、データ通信料が24時間ごとに366MB以上の時、その夜21時から深夜2時までは速度制限が掛かります。

将来的には、月毎のデータ通信料が10GBをオーバーすると、当月末までの通信速度が制限されてしまうと言う形になるそうです。なので、毎日頻繁にネット閲覧や動画ダウンロードをされる方は、結果的には毎日制限がされてしまうと言う事になります。 ということは私の場合、LTEでPCでインターネットを見るとほとんど毎日通信制限がかかる計算になります。

これと比較すると、WiMAXの通信制限はありません。つまりまったく無制限の使いたい放題です。これは非常にメリットとなり、ヘビーなネットユーザーはやはりLTEよりもWiMAXを使用すると言うケースが一般的には多いようです。

 

LTE専用回線ならイーモバイルもおすすめです!
http://emobile-lte.net/

 

ページ上に戻る

最新のMVNOのキャンペーンを比較して
お得なWiMAXで契約をしよう!

キャンペーン比較