帯域制限について

WiMAXに帯域制限があるかどうかと言うのは、
WiMAXをこれからご利用しようと考えてる方には気になるポイントだと思います。
そもそも帯域制限と言うものはプロバイダがある一定の期間に規定する転送量を超える事で、
強制的に通信速度の制限が掛けられると言う事です。

要するに、一か所のWiMAX帯域で10人のユーザーがおり、
その中のAさんだけがヘビーな転送や通信を繰り返していたとしたら、
他の利用者の通信速度も一定にしたいが為、このAさんの転送速度を遅くし、
他のユーザーにも均等な速度を維持すると言う制度の事です。

具体的に言えば、他社の帯域制限だと、24時間毎に366MB程度の
300万パケット以上を利用したユーザーを該当し、
その日の日21時から翌日2時の間の通信速度を下げて居たりします。

このように「使い放題」と幾らプランで謳われた所で、
沢山動画再生を繰り返したり、ダウンロードを繰り返したり、
重い作業を繰り返してしまうのは利用が制限されてしまうと言う事なのです。

このような原因から、ユーザーの中には「使い放題じゃないのか」と言ったような
不満の声も事実です。確かにユーザーの意図としては、
自宅で普通にパソコンを行うようにスイスイと快適に
ネットが出来るに越したことはありませんので、
自分が使い過ぎてしまった事で帯域制限が掛けられた所で、
お金を払ってる本人としてはあまり関係無い事です。

それでは、本題のWiMAXの帯域制限についてお伝えしますが、
基本的にWiMAXに帯域制限と言うものはありません。
つまり、ダウンロードや動画再生を繰り返しても、
上記で挙げたAさんのようにペナルティを課せられるような事はまずありません。
ですので正真正銘の「使い放題」なのです。

ただ、夜間はどうしてもWiMAXのユーザーが増えてしまいますので、
回線が混雑してしまい、スピードが遅くなってしまう事があるようです。
そう言った面も考えて、WiMAXを使用する際のプロバイダは大手のものが推奨されています。
そして、そのようなプロバイダを選ぶ際には、
速度と安定性を重視してプロバイダを選んで行きたいものです。

ページ上に戻る

最新のMVNOのキャンペーンを比較して
お得なWiMAXで契約をしよう!

キャンペーン比較