USB型端末のメリットとデメリットについて

【メリット】

◆持ち運びが楽
”これに尽きる”と言っても過言では無いかも知れません。
とにかく持ち運びが楽。何と言ってもライター程のサイズですからね。
USBのスティック型端末を使用する方は、大抵の方が持ち運びの面を考えて使用すると思います。
そう言った意味でも、この持ち運びの雄弁さは一番のメリットと言えましょう。
また、ノートパソコンを何台か所有してる場合、差し替えでの使用が可能です。
差し替えも全く手間要らずの、普通のUSBをつける感覚で出来ますのでとても楽に行えます。

◆バッテリーを気にしなくてよい
これも、USB型末端のみの特権と言ってもいいかも知れません。
PCの電源から勝手に充電してくれるので、出先ならPC本体の電源は気にしなければならないものの、
末端の電源は全く気にする必要が無くなります。

【デメリット】

◆接続の度に機器をセットしなければならない
初めからWiMAX内蔵型のPCで、PCを立ち上げた瞬間に
ネットが出来るという環境に慣れてしまっている方は、
使用前に一手間加えなければならないので、煩わしさを感じてしまうかも知れません。
もっとも、USBの差込口に機器を差し込めばいいだけの話なのですが、
毎回それをやるとなると、ストレスが溜まってしまいます。

◆複数のPC回線での利用が難しい
この為、ご家族がある家庭で自宅で皆でインターネットを利用しようと言うユーザーの方には不向きと言えます。
どちらかと言えば、一人住まいの方や、外出先メインで使用する等の方に向いています。

◆紛失しやすい
どんな仕事の道具にも言える事かも知れませんが、USBスティック型は本当に小さいので、
ネットの接続をこれのみに頼ってる方は、持ち運びの面では大変便利なものの、
無くしてしまえば命取りとなり兼ねません。しっかりとした管理をしましょう。
家で使用するだけであれば付けっぱなしでもいいのですが、外出する際は付けっ放しは結構難しいです。
専用のケース等を持ち、使い終わったらそれに常に入れるなど工夫をした方がいいでしょう。

 

ページ上に戻る

最新のMVNOのキャンペーンを比較して
お得なWiMAXで契約をしよう!

キャンペーン比較