WiMAXが建物内で弱い理由

wimaxの電波エリア的には、〇のエリアでも、
周りに建物があったり、建物の作りによって
電波状況が変わります。

なので、UQ wimaxでは事前に端末を借りて
試すように薦めています。

理由は、UQ wimax に割り当てられている周波数にあります。

モバイル通信を選びで迷う、
『イーモバイル』と『wimax』を例に挙げてみます。

いきなりですが、『イーモバイル』と『wimax』、
それぞれ割り当てられている周波数は、以下の通りです。

・イーモバイル 1.7GHz
・UQ WiMAX 2.5GHz

UQ WiMAXの方が、数値が大きいですよね。
つまり、それが原因なんです。

電波というものは、周波数が高いほど直進性が高くなり、
市街地のように建築物が多いと遮られて、
通信できない場合が増えてきますし、
雨に対しても若干弱くなります。

逆に、周波数が低ければ、回折したりしつつ
電波が届きやすくはなりますが、
同一帯域内で送れる情報量が減少し、
高速無線通信に向きません。

※回折(かいせつ)とは、障害物があって
到達できない領域に回り込んで伝わっていく現象のこと。

だから、イーモバイルに比べて、UQ WiMAX は
周波数帯という「土俵」からして不利だと言えるんです。

しかし、この問題も基地局数が密になれば
クリアーされるし、KDDIグループのauは

・800MHz (cdmaOne / CDMA 2000 1x)
・1.9GHz (CDMA 2000 1x)
・2.1GHz (CDMA 2000 1x)

と低い周波数帯を持っているので、
それらを上手く利用出来れば
ますます利用しやすくなるはずです。

参考までに、UQ wimax公式サイトの『try WiMAXレンタル』の
URLリンクを記載しておきますので、
気になる方は一度試してから
WiMAXのMVNO(@nifty、BIGLOBEなど)の
ルーターキャンペーンにお申込下さい。

ページ上に戻る

最新のMVNOのキャンペーンを比較して
お得なWiMAXで契約をしよう!

キャンペーン比較